石鹸系シャンプーで皮脂汚れをスッキリ!

あなたが愛用しているシャンプーは、『石鹸系シャンプー』ですか?
シャンプーを手にとって、配合成分を確認してみましょう。
『石鹸系シャンプー』に分類されるのは、もちろん石鹸の成分が入っているもの。
液体やジェル状の『石鹸系シャンプー』の場合、ボトルの表示に目を通せば、「カリ石鹸素地(脂肪酸カリウム)」の成分名が確認できるはず。
固形のタイプであれば、「石鹸素地(脂肪酸ナトリウム)」の表示が確認できますよ。

『石鹸系シャンプー』の最大の特徴は、その優れた洗浄力!
脂っぽい頭皮に悩んでいる人には、ぜひ試してもらいたいシャンプーのひとつです。
べた付く頭皮の汚れを、しっかりと落とすことが出来ますよ。

さらにリーズナブルな『石鹸系シャンプー』は、とっても経済的。
全身用のシャンプーを一本購入すれば、頭から足の先まで、まんべんなく洗うことも可能です。
節約志向で増毛を目指す人には、ピッタリのシャンプーだと言えそうですよね。

お財布と相談して、次回から『石鹸系シャンプー』を購入したい!と考えた方もいらっしゃるかもしれません。
しかし『石鹸系シャンプー』には、大きな欠点が...。
実は、肌が弱い人にはオススメできないシャンプーなのです。

『石鹸系シャンプー』の強い洗浄力で、皮脂が全て取り除かれてしまうと、さあ大変!
刺激から頭皮を守ってくれる皮脂まで失われてしまいます。
特にこれから髪を染めたり、パーマを当てるという人は要注意。
化学物質をたっぷりと含んだカラーリング剤やパーマ液の成分が、そのまま頭皮に浸透してしまいますよ。

また、『石鹸系シャンプー』の使用は、髪の毛を傷める恐れもありますね。
『石鹸系シャンプー』の多くはアルカリ性。
あなたは、シャンプー後に髪がきしんだ経験はありませんか?
私たちの髪の毛は弱酸性ですから、アルカリ性が強いシャンプーを使用していると、キューティクルを傷めてしまうんです。

洗浄力が高いシャンプーを試す際には、慌てずにひと呼吸。
まずは頭皮の状態をチェックしてみましょう。
もともと皮脂の分泌が少ないのであれば、洗浄力が高いシャンプーを使用する必要なんてありませんからね。

日頃から頭皮が乾燥気味だという人は、「アミノ酸系シャンプー」のように、なるべく低刺激のシャンプーを選びましょう。
どうしても『石鹸系シャンプー』を購入したい場合は、無添加のものがオススメ。
身体に優しい植物性石鹸などであれば、頭皮と髪の毛を健やかに洗うことが出来ますよ。
増毛剤ランキング 男性

置き換えダイエット

数ある置き換えダイエット(ファスティングダイエット)の中でも、効率良く短期間で健康的に痩せられるとしてメディアでも特集が組まれることの多い'酵素ダイエット'。置き換えダイエットの中でも空腹感を感じることが少なく、自分のペースで無理なく進めることが出来るとして人気がありますが、リバウンド率が非常に少ないことからダイエット成功者が多いダイエット法としても広く知られていますね。

酵素ダイエットの基本は、2~3日食事を酵素ドリンクに置き換えるのが主流ではありますが、必ずしもダイエット期間毎食置き換えなくてはならないわけではなく、1日1~2食置き換えたり、1日だけとか1食だけ置き換え食にしてもOKですし、置き換え食を食べる以外の時には普通食を食べても問題ありませんし、他のダイエット法と違って無理に運動を併用する必要もないのでストレスフリーで楽しくダイエット生活を送ることができます。

一定期間絶食するダイエット法や低カロリーに拘り、一時的に満腹感をあたえるだけの置き換え食品を利用してのダイエットでは筋肉や代謝が落ちてしまいリバウンドしやすいものですが、酵素ドリンクには、酵素はもちろんのこと、人間にとって必要とされている栄養素がバランスよく配合されているので、消化、吸収、代謝が高まり、太りにくく痩せやすい体質に改善することができます。置き換えダイエット終了後は胃腸に負担のかかる物は避け、出来れば置き換えダイエットしていたのと同じ期間回復食を食べ、胃を一気に膨張させないように気をつければリバンドのリスクはかなり低くなります。

なぜパッチテストをするの?

市販されている白髪染めは、刺激の強い化学成分が含まれている場合がほとんどです。

市販されている白髪染めを使ってご自身で染める場合は、パッチテストをしてアレルギー症状が出ないか確認することが大切です。
染料を腕の内側などに塗って、一定時間置きます。
その後、染料を洗い流し肌の状態をよく確認します。
液が付いていた場所が腫れていたり、赤くなっている場合は肌に合わないので、使用するのは控えましょう。
白髪染めの染料にはパラフェニレンジアミンという強い化学成分が含まれており、人によっては強いアレルギー症状を引き起こす可能性もあります。
軽い場合は、湿疹が出来たりかぶれる程度ですが、重い症状ですと鼻や目、喉が痛んだり、呼吸困難になることもある恐ろしいものです。
面倒だと思い、パッチテストをせずに白髪染めをした場合、頭皮がヒリヒリして痛みを感じたり、炎症を起こして腫れ上がることもあります。
必ずパッチテストを行うようにし、万が一異変があるようでしたらその白髪染めは使わないようにします。
アレルギー症状は、体調によって出たり出なかったりします。
一度大丈夫だったからといっても、2度目に使用した際にアレルギー症状が出たということも少なくありません。
特に女性は、妊娠や出産後に体質が変わってしまう場合も多々あります。
以前使ったことがある白髪染めでも、毎回パッチテストを行うことが重要です。

親切な対応を受けましたか?

一般的には、丁寧で感じの良いスタッフが多いと言われている脱毛エステサロンですが、中には不親切であったり、感じが悪いスタッフがいるお店も少なからずあるようです。

感じの悪いサロンに嫌々通うことほど勿体ないことはありません。
まずは脱毛サロンに体験に行く場合は、お店のスタッフの対応をチェックすることが重要です。

脱毛体験を最初に行う場合、まずは電話をかけて予約をすると思います。
この時の電話の応対が最初のチェックポイントになります。
この時に感じが良くないように思ったらこのお店は止めて、違うお店を検討した方が良さそうです。
きれいに脱毛をするために、数回はそこのお店に通わなくてはならなくなります。
面倒くさそうで不親切な接客態度のスタッフと毎回顔を合わせるのが苦痛になり、結局綺麗に施術することが出来なかった、最後まで通えなかったということにならないためにも、自分との相性も考えることが大切です。

スタッフは、そこのサロンの顔であり看板です。
初めて脱毛サロンに来るお客さんは誰でも不安や期待を抱えてやってきます。
そんなお客さんに対し、親切に不安を取り除いてくれるサービスこそ当然の対応といえるでしょう。
エステサロンであっても普通の会社であっても、企業イメージを損なわないように社員教育は、まず最初に徹底されるべき事柄です。
社員教育がしっかり成されていないのは、そのお店のサービスも同等であろうことが予想されます。

気持ちの良い接客をしてくれるスタッフがいるお店かどうかを確認することも、サロンの質を見るためにも重要な項目といえそうです。

顔ダニに注意

ダニはカーペットや寝具、ハウスダストに潜んでいて、アレルギーなどの原因となっていることは良く知られています。実は顔にもダニが住んでいます。顔ダニはニキビダニともいいますが、アレルギーの原因となるダニとは全くのべ物です。新生児以外のすべての人が持っているといわれています。
顔ダニは長さの異なる2種類がいます。毛穴に寄生して皮脂をエサとして生きています。肉眼で確認することはできませんし、夜行性ということもあり日常生活では特に違和感を感じることはありません。
生体や人への影響はまだまだ未知の部分が多いようですが、一説によれば、顔ダニが顔の余分な皮脂や雑菌を食べてくれることで清潔感が保たれるとも言われています。また、ニキビの内部からも顔ダニが発見されるケースが多いことから、ニキビの原因ではないかとも言われています。しかし、健康な皮膚からも顔ダニは検出されていることから、不完全な洗顔によって残ってしった顔ダニの死骸や排泄物が毛穴につまって菌が付着しニキビになったのではないか、という見方をする人もいます。
顔ダニ自体は寄生していも特に問題はないというのが大方の見解です。肌を清潔に保つために、正しい洗顔方法で毛穴の詰まりを極力軽減すること、ホルモンのバランスを整える工夫をすることで、対処できるでしょう。
洗顔は基本的に1日2回、ぬるま湯で洗顔料の泡で洗顔することを心がけましょう。ニキビができている場合には、触らないことも大切です。痛みがあったり、大きく育って化膿しているような場合には早めに専門医に相談するとよいでしょう。

鼻炎の症状はどんなものでしょうか?

鼻水や鼻づまりを頻繁におこすのを鼻炎といいますが、それは皆さんも知っていると思います。
鼻炎が発症すると言われている、簡単なルートを説明してみましょう。
鼻づまりなど、鼻炎の症状が顔を出すのは、外気など、空気の種類により、刺激を受けるため鼻に影響を受けることです。
刺激の内容は様々ですが、体内に進入した刺激物を排除し、守ろうとする体の働きが開始されます。そのため、その刺激物を排除しようとしたために、鼻が炎症を起こして、腫れあがったり
鼻がかゆくなって、くしゃみが出たり、といった鼻炎の症状として出てきます。鼻炎として一つにまとめられてしまうのが一般的ですが、その種類とタイプはとてもたくさんあります。
部屋の中で起こるのか、外で起こるのか、季節により症状が変動するもの、なかなか治らず長期的にずっと鼻炎の症状に悩まされる人もいます。
そういったたくさんある鼻炎の種類ですが、いつも鼻炎という人の中には、蓄膿症、歯と連動して鼻にまで原因がある、副鼻腔炎といわれるものなど、重症化が怖い病気もあります。
長く続く場合には、早めの治療をすることが、早期に治すために大事なことでしょう。